2010年4月26日月曜日

国がバックアップして国内全キャリア・全メーカーが一丸になるのなら話は別だけど・・・ | 携帯電話のソフト統一 開発コスト半減 - 日経

日経10.04.26朝
・・・シャープ、パナソニック、富士通、NEC・・・基幹ソフトを統一・・・次世代機の開発コストを半減させる狙い・・・4社は海外市場で出遅れており、コスト競争力を高めて巻き返しを狙う・・・アプリケーション・プラットフォームと呼ぶ基幹ソフトを4社と、ドコモ、ルネサスエレクトロニクスの6社で共同開発・・・6社で開発した基幹ソフトは海外の携帯電話機メーカーにも外販する・・・

「アプリケーション・プラットフォーム」という話なので、開発するのはAndroidのようなOSではないのかもしれない。もちろんAndroidという言葉も見当たらなかった。

海外に外販するということだけど、グローバル仕様ですでに実際に稼働していて、しかもオープンソースのAndroidが手に入る現状の中で、一体どれだけの勝算があるのだろうか。しかも国内でも「ドコモ向け」。

国がバックアップしつつ、国内全キャリア、全メーカーが一丸になるということなら話は別だけど・・・

追記:

ドコモのプレスリリースによると、SymianやLinux、Android上で動くプラットフォームのようなので、やはりOSではなさそうだ。アプリの開発言語がJavaではなくなるということだろうか。

報道発表資料 : ドコモ、ルネサス、富士通、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社が携帯電話向けアプリケーションプラットフォームの共同開発に合意 | お知らせ | NTTドコモ

・・・Symbian OS、Linux OSの両方に対応したメーカー4社の携帯電話に共通で搭載が可能なAP-PFの開発を目指す・・・今後、AP-PFのAndroidなどのオープンOSへの対応も検討・・・