2010年3月1日月曜日

「iPhoneヒューマンインターフェースガイドライン」まとめ

iPhoneヒューマンインターフェースガイドライン」の重要項目まとめ。

特にUI哲学やユーザー心理面に重点をおいた。


iPhoneアプリケーションとデスクトップアプリケーションは違う(P15)

・・・iPhoneアプリケーションはデスクトップアプリケーションと同じではありません。これは、単なる常識的なステートメントのように見えますが、デバイス向けのソフトウェア開発に着手する際にこれらを念頭に置いておくことは非常に重要です。・・・


必要最低限の設計要素にとどめる(P16)

・・・必要不可欠ではない設計要素を含める余裕はありません。ユーザインターフェイス要素が多すぎると、アプリケーションは魅力的でないものになり使いづらくなります。・・・


メモリは無制限ではない(P16)

・・・リソースファイルを可能な限り小さくすること・・・


起動時間は最大限に短く(P16)

・・・iPhoneアプリケーションからいったん離れて後で戻ることが、コンピュータ上の複数のアプリケーションを切り替えることより難しいとユーザに感じさせるべきではありません。・・・起動時間を最小限まで短縮すること・・・


ユーザヘルプは最小限に:モバイルユーザは忙しい!(P17)

モバイルユーザは・・・ヘルプコンテンツを通読する時間はありません・・・標準コントロールを正しく使用する。ユーザは、・・・標準コントロールに慣れている・・・


開発時に常に念頭におくべきこと(P19)

・ユーザがアプリケーションを使用する動機と考えられるのは何か?
・アプリケーションを使用するユーザにどのような体験をさせるか?
・アプリケーションの目的または焦点は何か?
・ユーザが関心をもつ情報をアプリケーションでどのように整理して表示するか?


3つのアプリケーションスタイル(P19-)

・生産性型アプリケーション
 ・例:「メール」
 ・ユーザ体験の焦点をタスクに保つ
 ・データを階層的に整理(詳細レベルをドリルダウン)
 ・複数のビューを使用する傾向

・ユーティリティ型アプリケーション
 ・例:「天気」
 ・何かの状態をチェックしたり、何かを調べたりすることが目的
 ・関心がある情報がどこにあるかをすばやく特定できることを望む
 ・情報をフラットな項目リストに整理する傾向

・没入型アプリケーション
 ・例:ゲーム
 ・楽しむためのもの
 ・ユーザーが注意を向けてくれることに対する見返りを提供する
 ・視覚的なコンテンツとその体験
 ・ゲームである必要はない(水準器など)
 ・標準以外のコントロールの使用が適切である場合が多い


判断に迷ったら単純化(P25)

・・・判断がつかないときは、単純化しましょう。機能リストを最小限にし、一つの単純なことを実行するアプリケーションを作成します。・・・


単なる移植はしない(P25)

・・・既存のコンピュータアプリケーションが存在する場合、それをそのままiPhoneOSには移植しないでください。・・・ユーザが期待するユーザ体験も異なります。ユーザは、iPhone OSベースのデバイスを外出中、つまり気がちるような環境で使用することを忘れないでください。これは一般的に、ユーザはアプリケーションを開き、短時間だけ使用したら、別の作業に移りたいということを意味します。長時間にわたるユーザの注目を必要とするようなアプリケーションの場合、iPhone OSへ移植するにはアプリケーションの構造と目的を再考する必要があります。・・・


「80対20」ルール(P26)

・・・ユーザの大部分(少なくとも80%)は、アプリケーションのごく限られた数の機能しか使用しないのに対し、アプリケーションの全ての機能を使用するのはごく少数のユーザ(20%以下)であると推定してください・・・


メタファーを使う(P31)

可能であれば、アプリケーションのオブジェクトやアクションを実世界でのオブジェクトやアクションになぞらえてください。・・・アプリケーションを設計する際には、iPhone OSに存在するメタファに注意し、それらを再定義しないようにしてください・・・


ダイレクトな操作感を大事に(P32)

・・・直接操作とは、ユーザが抽象的なものではなく具体的なものを制御しているように感じることです・・・
・ユーザがオブジェクトに対してアクションを実行している間、オブジェクトを画面に表示し続ける
・ユーザのアクションの結果は、すぐに表示反映される


フィードバックを大事に(P32)

ユーザは、アクションの結果の確認に加え、コントロールを操作した時の即座のフィードバックや、時間のかかる処理のステータス報告を必要とします。・・・音を主たるフィードバックの方法または唯一のフィードバックの方法にはできません。・・・アニメーションは、ユーザにフィードバックを提供する優れた方法です。ただし、それが妨げにならず、意味がある場合に限ります。・・・


可能な限りユーザに選択肢を与えること(P33)

・・・アプリケーションではなく、ユーザがアクションの開始や制御を行えるようにしましょう。・・・開始する前に操作を取り消すための十分な機会を提供・・・可能な限り、進行中の操作をユーザが秩序正しく停止できるように・・・


美しさではなく「外観の整合性」が重要(P33)

・・・アプリケーションの外観の重要性を過小評価してはなりません。これは、外観が機能性に対して強い影響を持つためです。・・・外観の整合性は、アプリケーションがどれだけ美しいかを示す尺度ではありません・・・外観がその機能とどれほど整合しているかを示す尺度・・・


「製品定義ステートメント」を作ろう!(P35-)

・・・アプリケーションの主たる目的および想定する利用者について簡潔な宣言を作成すること・・・はじめに、時間をかけて対象利用者を定義・・・今度は対象ユーザをほかのすべてのiPhone OSユーザと隔てる特徴は何かを自問・・・対象ユーザの定義が正確であるほど、ユーザインターフェイスの外観、操作感、および機能に関する決定がより正確になります。・・・最後に、提供しようとしている機能セットを検証・・・iPhotoの適切な製品定義ステートメントは、「アマチュア写真家のための使いやすい写真管理アプリケーション」のようになります・・・


コントロールは最小限に(P37)

・・・ユーザが即座に理解できるようなアプリケーション・・・選ぶ必要のあるコントロールの数を最小限に・・・


重要な情報は上に(P38)

・・・ユーザは利き手ではない方の手でデバイスを持ち・・・利き手の指でタップする傾向・・・画面上部がそのユーザに最も見えやすくなります・・・最もよく使用される・・・情報が・・・画面上部にあるようにアプリケーションのユーザーインターフェースを設計するべき・・・


キー入力を最小限にして極力選択式に(P38)

・・・ユーザーの時間と注意が必要・・・ユーザーはペースが落ち、使い続ける気をそぐ可能性があります・・・


情報は簡潔に表す(P39)

・・・新聞の編集者のように考え、凝縮された見出しのようなスタイルで情報を伝えるように努めること・・・


タップ可能なすべての要素のターゲット領域は指先サイズに(P39)

・・・ユーザは最小限の労力で正確にタップできます・・・44x44ピクセルのターゲット領域・・・


主たるタスクに焦点を当てる(P40)

主たる機能に焦点が当たるようにし、それを維持するiPhoneアプリケーションの使用は楽しく、満足感が得られます。・・・焦点を外さないようにする良い方法の一つは、それぞれの文脈において何が最も重要かを判断すること・・・


アニメーションの使用は慎重に(P41)

・・・妨げにならない適切なアニメーションは、ステータスを伝えたり、有用なフィードバックを提供したり、ユーザのアクションの結果を視覚化したりするのに役立ちます。過度の、または余計なアニメーションは、アプリケーションの流れを妨げ、パフォーマンスを低下させ、ユーザを不快にする・・・


タップとドラッグを基本にする(P42)

・・・Multi-Touchインターフェイス・・・デバイスに対するじかの接触感とつながりを感じることができます・・・スワイプやピンチオープン・・・あまり一般的ではありません・・・これらのジェスチャは・・・唯一の手段としてではなく・・・便法として使用されます・・・必要となるジェスチャを・・・タップおよびドラッグに限定・・・1つか2つの追加タップが必要となるにしても、あるアクションを実行するための方法として単純かつ簡単な方法が必ずなければなりません・・・・ジェスチャの意味を再定義しないように・・・


心理的に起動が速いと感じさせる(P45)

・・・アプリケーションの最初の画面によく似た起動画像を表示・・・感覚的に短縮・・・スプラッシュ画面を表示するなど、アプリケーションの即座の使用を妨げるようなスタートアップ体験を提供しない・・・デバイスの再起動をユーザに要求してはいけません・・・


いつプロセスを切られてもいいように備えておく(P46)

・・・できるだけ早く、かつ妥当な頻度でユーザデータを保存・・・停止時に現在の状態をできるだけ詳細なレベルまで保存・・・


アプリ内設定とアプリ外設定の両方を使わない(P48)

・・・アプリケーションで設定と設定オプションの両方を提供するべきではありません。一番良いのは・・・ユーザに全く設定を要求しないこと・・・


Push Notificationは新着情報の「通知」が目的(P51)

・・・Push Notificationの配信は保証されていません・・・新しいデータについてユーザに通知することが目的であり、重要なデータをアプリケーションに配信することが目的ではありません・・・


位置情報の使用ではユーザーに不信感を持たせない(P54)

ユーザが「位置情報サービス(Location Services)」をオフにした後で位置情報が必要なアプリケーション機能を使用した場合は、その機能を使用するには環境設定を変更しなければならないことを知らせる警告がユーザに表示されます・・・この警告を、現在位置を明らかに知る必要がある機能をユーザが使用しようとしたときにのみ表示するのが最善・・・位置情報が必要ないと思われる機能をユーザが実行している場合に、なぜアプリケーションで位置情報を必要なのだろうという疑問をユーザに抱かせる行為は避けます・・・


ユーザーは要求してない音は聴きたくない(P55)

・・・ユーザは自分が要求したサウンドは聴きたいが、自分が要求したのではないサウンドは聞きたくない・・・


PCの一部のUIの使用はNG(P61)

・・・一般に、アプリケーションメニューやラジオボタンなど、デスクトップコンピュータのアプリケーションで見られる選択コントロールの外観や動作を再現するべきではありません・・・


アプリ内でライセンス契約は出さない(P62)

・・・iPhoneアプリケーションに対するエンドユーザライセンス契約はAppStoreで表示されます・・・アプリケーションは、インストール時または初回起動時を含め、また、それに限らずいついかなるときもライセンス契約を表示すべきではありません・・・


ステータスバーの外観は他の部分と合わせる(P70)

・・・ステータスバーの色を指定する・・・アプリケーションの他の部分と調和するステータスバーの外観を選択してください・・・


警告は最小限に(P81)

・・・特にAlert(警告)はあまり使用するべきではありません。警告の表示頻度が高すぎると、ユーザは警告をどけることだけを考えて、内容を読まずに閉じるようになります・・・


Action Sheetを使って誤操作を極力回避する(P83)

危険な可能性のあるタスクを完了する前に、確認を求める・・・キャンセル・・・ユーザは意図せずにコントロールをタップしてしまうこともあるため・・・iPhone OSベースのデバイスでは特に重要・・・


警告ではデフォルト選択に気をつける(P84)

・・・ユーザは警告を注意深く読まずに反応することがあるため、デフォルトの選択肢は適切なものとなるように・・・アクションをキャンセルするボタンは左側(したがって暗い方)にします・・・


警告では「エラー」という言葉を使わない(P85)

・・・「エラー」は、特に有効でない警告タイトルです。なぜ警告が表示されたのかをユーザが理解する助けにならず、アプリケーションがもっと有益な情報を提供出来ない印象を与えるからです。実際、警告のテキストの中では「エラー」という言葉の使用を避け、代わりに実際の状況を説明することに焦点をおくべきです・・・


害を及ぼす動作ボタンは上に(P86)

・・・害を及ぼす可能性のあるこのようなボタンは、Action Sheetの一番上に表示することが重要・・・理由は2つ・・・
・ボタンがAction Sheetの一番上に近ければ近いほど、ボタンがより目立つ。
・ユーザは、ホーム(Home)ボタンを押そうとして、誤ってデバイス画面の最下部をタップすることがある。


アプリケーションアイコンは魅力的かつ目立つように(P125-)

・ユーザがホーム(Home)画面に置いておきたくなるように魅力的にする
・ほかのすべてのアイコンの中から簡単に見つけられるように際立させる

・・・画像および色の選択が異なる文化の人々にどのように受け取られるのかを調査するのもよい考えです・・・


起動画像は心理的な起動時間の短縮のためにある(P127)

・・・起動画像を提供するのは・・・以下を提供する場ではありません・・・スプラッシュ画面・・・「・・・について」ウインドウ・・・ブランド表示要素・・・注意を引くよりもむしろ、起動中であることを意識させない起動画像をデザインすべき・・・質素でつまらない起動画像になると思うかもしれませんが、そのとおりです。起動画像は芸術的表現の機会を提供することを目的としていません・・・


各種ピクセルサイズ(10.04.05更新)

コントロール基本サイズ(ヒットリージョン):44x44
ホームアイコンボタン(Icon.png):57x57
アドホック配布用アプリケーションアイコン(iTunesArtwork(拡張子なし)):512x512
Spotlight用アイコン(Icon-Small.png):29x29
「設定」用アイコン(Icon-Settings.png):29x29
起動画像(Default.png):320x480
ToolbarおよびNavigation Barのアイコン:20x20
Tab Barのアイコン:30x30

Toolbar、Navigation Bar、およびTab Bar用に用意するアイコンは、アプリケーションに表示されるアイコンを作成するためのマスクとして使われる。つまり、フルカラーにしたところでフルカラーになるわけではない。(P130)


あ〜、ながい(^^);