2010年3月26日金曜日

松蔭先生ごめんなさいぃ〜!問題はFacebookの方ではない。日本人の方だ。 | [jp] 日本でFacebookがブレイクするために必須と思われる5つのポイント - Tech Crunch Japan

[jp] 日本でFacebookがブレイクするために必須と思われる5つのポイント - Tech Crunch Japan

・・・グローバルで圧倒的首位を占めるサービスが、日本において意外に苦戦すると言うのは今に始まった話ではない。・・・英語に対する恐怖を呼び起こさないための対策実施・・・日本の多くの利用者がまだまだ英語によるサービスに対しては強い抵抗感を持っている。特にFacebookでは海外からのフレンド登録依頼が比較的多く届く印象があるが、おそらく海外指向の無い利用者からは、スパムメールにしか見えず印象が悪い。日本語強制限定モードを用意して、日本語以外でのコンタクトをブロックするなどの仕組みが必要かもしれない。・・・Facebook本家による英語のファンページが表示されるのは、おそらく日本のFacebook初心者にとっては敷居が高い。・・・本国での成功体験を一旦忘れる・・・もっとも重要なのは最後の5番目で、それを元に日本独自のシナリオを描けるかというのが、Facebookの日本展開には最も重要なのではないか・・・(徳力基彦 ブログ/Twitter)

徳力さんのおっしゃることはその通りだと思う。確かにFacebookが日本に浸透するためには、徳力さんご指摘のポイントは重要であると思う。

しかし、問題はFacebookの方ではない。日本人の方だ。何と言うか・・・もう残念というより、ゲンナリだ。


「英語によるサービスに対して強い抵抗感」?
日本人は小学校から英語を学ぶんじゃなかったのか?先日のテレビで「日本人の英語力はアジアでビリから2番目」という話を聞いたが、たぶんその通りなのだろう。

「日本語強制限定モード」?
日本人はどんだけ内向き志向、内輪カタマリ志向なんだ?そんな国の人間と友達になるなんて、外国人の方からお断りだ。

「英語のファンページが表示されるのは、おそらく日本のFacebook初心者にとっては敷居が高い」?
おぉう。英語すらも読めずして世界の最新の情報にはアクセスできない。なんだかんだいっても、現世界の共通語は英語なのだ。しゃべれなくたって、英語くらい読めるだろう?もし読めないと言うのなら、悪いのはYOUじゃない。それは日本の英語教育がクソだということだ。


松蔭先生、申し訳ありません。先生が命をかけて良くしようとした日本は今、こんな状況になっています。

先生は外国の知識が欲しくて欲しくて、命までかけられました。それがどうでしょう。今の日本は世界の方から情報を送り込んでくれようとしているのに、それがコワイというのです。

これまでは先生をはじめとする先輩方のおかげで日本にはカネがありました。だから外国人もこんな日本人でもあわせてくれていたと思うのです。

しかし、これからはまったくわかりません・・・


この際だから、ハッキリと、リアルに言ってしまおう。Facebookにとって日本における最大の参入障壁を一言で言えば、その閉鎖的な国民性と英語力の低さということだろう。