2010年3月30日火曜日

「通話は可能だが」というau初のAndroid特攻機 | Android搭載のシャープ製スマートブック「IS01」 - ケータイ Watch

Android搭載のシャープ製スマートブック「IS01」 - ケータイ Watch

KDDI、沖縄セルラーは、Android OS 1.6を搭載したシャープ製のスマートブック「IS01」・・・6月上旬以降に発売・・・Snapdragon(1GHz)・・・約5インチ、960×480ドット、タッチパネル式・・・キーボードの裏面に配されたカメラ・・・通話は可能だが、ハンズフリー通話となり、音が外に聞こえてしまう・・・Android端末としては初のワンセグ対応モデル・・・「セカイカメラ」のAndroid版・・・

au初のAndroid機はスマートフォンではなくスマートブックだった!Androidシーンも盛り上がってまいりましたなぁ。

しかし、問題はここだ。「通話は可能だが、ハンズフリー通話となり、音が外に聞こえてしまう」。

なぜかハルンケアのCMを思い出しましたよ。「なかなか出ない。少し出てしまう。」

なぜ始めからこういうチャレンジャーなところに突っ込んでしまうのか・・・疑問だが、とにかくau初のAndroid特攻機はすばらしいインパクトだ。

特設サイトの画像を見ると、アウトカメラとインカメラ両方ついているみたい。これはすばらしい。このサイトは現在、かなり繋がりにくくなっている。世間に驚きをもって迎え入れられた証拠だろう。
IS01|携帯電話|IS series

ところで、セカイカメラのAndroid版ってあったのか?これからということかな。

いや、ちょっと待て。IS01にセカイカメラって、このスマートブックを掲げて街を歩くわけか?iPhoneならまだしも、これは現実に想像しにくいな。