2010年1月19日火曜日

読みやすい文章の極意は「修飾語」にあり - @IT自分戦略研究所

読みやすい文章の極意は「修飾語」にあり - @IT自分戦略研究所

うん。参考になるぞ。

特に「冗長な表現を多用しない」は気を付けよう。文章がエラそうに見えるためか、自分の文章を見ても冗長な表現を多用しがちだ。しかし、それは自分が人に物事をわかりやすく伝える意識が薄いことを告白しているようなものだ。

「~することができる」は「~できる」
「~の確認を行わなければならない」は「~を確認しなければならない」
「~が必要であると考えている」は「~が必要である」

全ての例で文字数が削減されている。つまり、文字数ができるだけ少なくなるように書くのがポイントなのかもしれない。