2010年1月13日水曜日

Google、中国からの大型サイバー攻撃に中国市場撤退も - Tech Crunch Japan

Google、中国からの大型サイバー攻撃に中国市場撤退も - Tech Crunch Japan

・・・同社によると、侵害されたユーザー情報は最小限であったが、攻撃の標的が中国人権活動家の情報であったという事実に驚きを見せている・・・この攻撃および中国政府によるウェブ上の言論統制の強化を受け、Googleは同社の中国用検索エンジンに、完全無検閲版を導入することを決定した・・・中国政府がもし、無検閲版エンジンを違法とすれば、Googleは中国での事業から完全撤退する可能性がある・・・

本当だとすると・・・こりゃ大変なことだ。Googleはマジか?次のGoogleブログ記事を見ると、どうやらマジらしい。

・・・当社が慣例を破ってこれらの攻撃に関する情報を広く一般に公開している理由は、この情報がわれわれが発見したセキュリティーや人権問題に関することだけではなく、言論の自由に関わるもっと遥かに大きい議論の核心に触れるものだからである・・・当社は中国における事業の実現性を再考する必要があるという結論に至った・・・当社は、これがGoogle.cn、場合によっては中国支社の閉鎖の繋がる可能性があると認識している・・・

一企業が「言論の自由」という、極めて政治的な言葉を使うのを初めて目にした。

しかし、その企業がGoogleであるならわかる。なぜなら、言論の自由の原則はGoogleのサービスの礎だと思うから。

これまでGoogleは中国政府に譲歩して検閲ありの検索エンジンを提供してきたそうだが、ここへきて無検閲の検索エンジンを導入するとは・・・破壊的挑戦だ。

しかしGoogleは賢い。決して自分から撤退しようとはしない。中国政府が無検閲検索エンジンを認めてくれればそれでよし。そうでない場合は、中国政府に追い出される形になる。そうなれば中国には世界中から相当なプレッシャーを受けるという制裁が待っているとうわけだ。

中国は今年は日本を抜いて世界第二位の経済大国になるそうだが、経済だけでなくその他の面でも世界から尊敬される国になるだろうか。もはや世界は中国無しでは語れないという事実を考えれば、世界のためにも是非そうなってもらいたいと思う。この件は、その試金石となるかもしれない。