2010年1月29日金曜日

アップル、新端末公開 電子書籍で顧客囲い込み

日経10.01.28夕
【シリコンバレー=岡田信行】・・・「キンドル」を追撃する形となる・・・「ネットブックは単に安いだけ。性能が低く満足できない」・・・スティーブ・ジョブズ・・・は言い切った・・・携帯並みの使い勝手で、パソコンやゲーム機並みのコンテンツを視聴できる・・・

「ネットブックは単に安いだけ。性能が低く満足できない」というのはあのiPadのフォルム、価格とUIを見ればよく理解できる。

Appleの製品全体に言えることだと思うが、Appleの製品はクールだ。持つ者に誇りを与える。これはプライスレスな事なのだ。人がある製品を欲しいと思うのは、単に安さや性能や機能の問題だけではない。

ジョブズ氏はよく「いかに人々をインスパイアできるかだ」と言っているそうだが、その通りだと思う。

「携帯並みの使い勝手で」というところが特に重要だと思う。そこで思い出したのがChrome OSだ。Chrome OSは起動の速さを一つの売りにしていたが、iPadを見てその必要があるのかわからなくなった。

iPadはきっとiPhoneやケータイと同様に電源つけっぱなし、OS立ち上げっぱなしの状態で使うのだと思う。つまり、電源OFFから使用可能状態までの時間は1秒以下だ・・・