2009年8月26日水曜日

「未来のためのQ&A」で有名政治家の動画をおさえる 09 田中康夫 新党日本





まずのっけから「みんなが選んだ5つの質問」のフォーマットを正しく守っていこうという姿勢が伺えるのがすばらしい。

本人のコミュニケーション能力も高く、ビデオも8分台と他に比べて短い。さすがはやっしー。メディアリテラシーが非常に高い。というか、メディア慣れしている、というべきか。

政策としては「ベーシックインカム」という考え方が非常にインパクトがあった。日本に住む人全員に5万円を無条件に支払うという事らしい。ヨーロッパでその例があるようだ。ただ、そのために70兆円が必要なようで、現実問題としては非常に厳しいだろう。

しかし、もし可能なら、年金や雇用など様々な問題を緩和・解決できるかもしれないと思った。問題の解決だけでなく、この政策は人々の勤労意識やライフスタイルすらも変えるだろう。

その先に、やっしーが望む国家ビジョンというものがなんとなく見えてくる。実現可能性は別として、こういう壮大で、夢を感じさせるようなビジョンを政治家に語って欲しかったのだ。その意味でやっしーに拍手を送りたい。

一方、外国人参政権についてはこれまでの政策の批判に終わってしまい、残念なところも。

「おかしいことは、おかしいと言う。」というのが日本新党のキャッチであるが、これは彼らには合わないのではないだろうか。

批判しますよ〜ではなく、クリエイティブな政策で国民に希望を抱かせるような政党ですよ〜の方が合っているように思う。