2014年10月25日土曜日

日本でも「モバイルファースト」のアプローチを取るべきだということに納得するグラフ

日経14.10.12朝 高1の9割スマホ保有 総務省調べ 利用も長時間に

…半数が休日に3時間以上使っている…平日でも3割強が3時間以上使っていた…

「パソコン」の保有率は52.2%まで低下…

休日で「6時間以上」は15.7%いた…

日経記事より

第1に、スマホ中毒的な子達が少なからずいること。最近の高校生は忙しいと言うけれど、実はスマホのせいかもね(^^);

第2に、もはやPCはほぼオワコンということ。

第3に、タブレットは高校生の間ではあまり使われていないこと。スマホがあれば十分というのと、コストの問題だろう。

第4に、PCからスマホへの転換点は2012年の中盤あたりだったということ。まあこれは今更知ってどうなるものでもないけれど、現実に転換点は過ぎているという確認の意味はあるだろう。

結論としては、モバイルファーストのアプローチを取らなければならないということだろう。PCサイトよりもモバイルサイトを、モバイルサイトよりもネイティブのアプリを作れということだ。