2014年6月28日土曜日

もしSiri嬢が超賢くなって美しい肉体を持ってしまったらどうする? 〜 映画「her/世界でひとつの彼女」

日経14.06.27夕 シネマ万華鏡 her/世界でひとつの彼女

予期せぬ傑作である。…

人工知能の究極の進化の形を問うSF的思考実験の物語で、かつて見たり読んだりしたことのない独創的な展開なのである。しかし、そのハードな内実を人間とOSとの濃いというソフトな外見で包み…

脚本がとにかく巧み…

映画は脚本の言葉で決まるのだという一面の真理を納得させる出来栄えだ…

★★★★(映画評論家 中条省平)

これTechCrunchかどこかでトレイラーを見たことあって、おもしろそうだなと思っていた。やっぱりおもしろいかぁ。そうですか。

映画『her/世界でひとつの彼女』大ヒット上映中!


言ってみれば、「もしSiri嬢が超賢くなって美しい肉体を持ったらどうする?」という映画じゃないかと思う。

中条氏がおっしゃるように、これは恋愛というソフトな外見ではありながら、中味はハードSFだと見た。きっと「人間とは何か?」という根源的な哲学を考えさせる映画ではないだろうか。

要チェックだね。

ところで、そのすぐ横に「トランセンデンス」のレビューが載っていた。


同じく人工知能を題材としている「her」のすぐ横で「人間ドラマは平凡」とはひどいなw

どれどれ。フェアじゃないから、ちょっとトレイラーを張っておこうじゃないか。

映画『トランセンデンス』公式サイト 6月28日(土)“超越知能”全国超拡大公開


ジョニー・デップやモーガン・フリー­マンも出てるし、『ダークナイト』シリーズの監督だし、結構おもしろいんじゃないの?

自分はこういうSF大好き!たとえB級でもいい。もっとSFをくれ〜!w


ところでさ、どの映画のサイトを見ても「大ヒット」とか「超拡大」とか、「大大大大」言ってるんだけど、もうそろそろそういう胡散臭い売り方は辞めたらどうですかね?むしろ興冷めするので。