2014年6月7日土曜日

今や戦場は陸・海・空・サイバー、そして宇宙 〜 中国の衛星攻撃兵器ASAT

日経14.06.01朝 米が恐れる宇宙の「真珠湾」 中国の衛星攻撃力 警戒

…中国のサイバー攻撃は対象を広げつつある。米連邦議会の調査によると、航空管制や全地球測位システム(GPS)をつかさどる複数の米人工衛星の制御系統などが中国からとみられる波状攻撃にさらされた…

米政府が中国人民解放軍のサイバー部隊による攻撃に関与したとして、中国人5人の刑事訴追に踏み切ったのも「次なる真珠湾」への危機感…

中国メディアによると習近平国家主席は4月、国防と宇宙政策の統合を進め宇宙空間を含む「攻守能力の増強」を急ぐよう空軍に指示した…

米国が警戒するのが、弾道ミサイルで敵国の偵察衛星などを破壊するASAT(衛星攻撃兵器)だ…

中国が宇宙空間に多数の破片をまき散らしながら衛星の撃墜実験に成功したのは2007年1月…

ロシア…米国の経済制裁に対する報復…ISSでも「20年以降のロシアの参画は不確定」…

宇宙分野での中ロ連携の強化…

中国の台頭とウクライナ危機という地政学上の力学変化で、宇宙空間には新たな冷戦の構図が生まれつつあるようにも見える…

(ワシントン=矢沢俊樹)

なんと!いまどきの戦場は陸・海・空・サイバーかと思ったら、中国はその先の「宇宙」をも見据えているとは!恐ろしい国だ…

中国は「ASAT」と呼ばれる衛星攻撃兵器を開発中で、今ではかなり精度が上がっているらしい。

スペースデブリも中国のせいか?環境を汚すの得意だからな。このままでは本当に映画「ゼロ・グラビティ」の状況もあり得るな。

ロシアもウクライナの件でISSに消極的になってきてて、中国との連携を模索しているようだし…

ここで米国と協力できるのは他でもない、わが日本だろう!

中国やロシアの好きにさせて世界を不安定にしないためにも、日本は周回遅れになっているサイバー攻撃に対する能力を増強し、宇宙空間も見据えて国防を考えなければならないね(´-`)