2014年3月15日土曜日

安倍首相「(河野談話を)安倍内閣で見直すことは考えていない」(´・ω・`)

日経14.03.15朝 首相「河野談話、見直さず」 日韓首脳会談 糸口探る

…「安倍内閣で見直すことは考えていない」。首相は14日の参院予算委で河野談話の扱いを聞かれてこう力説した…

首相は2012年の自民党総裁選への出馬の際には「談話の核心は強制連行(の認定)だ。事実上、証明する資料はなかった。そのことを内外に知らしめていない」と指摘。談話見直しに意欲を示していた…

韓国との首脳会談を早期に実現し関係修復に道筋をつける狙いがある…

外務省幹部は14日の参院予算委前、在日韓国大使館側に「審議を見ていてほしい」と伝達。別の幹部は予算委終了後、首相の発言について「韓国側の期待に最大限こたえたものだ」と強調した。

米国への配慮もある。それぞれの同盟関係にある日本と韓国の関係悪化が中国や北朝鮮への対処に影響することを懸念し、早期の関係改善を促している…

ただ、菅氏が国会審議で表明した河野談話の検証方針は消えていない。きっかけとなったのは談話作成時に官房副長官だった石原信雄氏が2月20日の衆院予算委に出席した際の証言だ。

河野談話が慰安婦募集の強制性を認定する決め手となった元慰安婦への聞き取りを裏付ける調査をせず、強制性の裏付け資料もなかったと指摘。「作成過程で(韓国政府と)意見の摺り合わせがなされたことが推定される」と談話の文面作製で韓国に配慮した可能性をにじませた…

安倍首相、「安倍内閣で見直すことは考えていない」ってさ…

日本が韓国に配慮して、韓国は日本に配慮してくれるか?

米国への配慮?歴史問題と安全保障問題は別だとなぜ言えない?

安倍政権の外交はこれまで見てきた中でも最高なんじゃないか?と思ってきたが、ここへ来て肝心の米国のプレッシャーにも、韓国のプレッシャーにも負けている。

菅官房長官が河野談話を見なおさないとおっしゃった時はまだ、後で国際情勢を見計らった上で「上書き」という形で河野談話を見直すのだろうと思っていた。

しかし、安倍首相がこのように明言した以上、もうその線は無くなったと言わざるを得ない。

それなら、もう検証作業などやらない方がいいだろう。

まず、結論が決まっている検証作業など意味は無い。もし意味があるというのなら、是非教えていただきたい。

2つ目に、もはや要らぬ波風を立てるだけだ。韓国のプレッシャーに屈してしまった以上、韓国には気持ちよく勝ってもらった方が今後のためだろう。

大いに期待していたけれど、安倍首相には憲法改正はできないかもしれないね。

失望した(´・ω・`)