2014年1月26日日曜日

もはや被災地は「被災地」ではなく「復興地」。確かに観光はその復興のためのひとつの力になるよね。

日経14.01.25朝 福島誘客「八重」に続け ポスト「大河」振興策 模索

東日本大震災から3年となる2014年の観光復興に向けて、福島県内の施設などが誘客への取り組みを強めている…
「八重の桜」出演者の衣装などを展示した「大河ドラマ館」(福島県会津若松市)の閉館式が行われた…
鶴ケ城…プロジェクションマッピングで人々を驚かせた。今年は期間を7日間に拡大して実施する予定…
スパリゾート・ハワイアンズ(いわき市)では…ショーを刷新…
福島と同様に誘客への思いを新たにしているのが、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地、岩手県久慈市…
今年は4月に三陸鉄道の全面復旧も控えており、久慈市観光物産協会は「三陸ジオパークなどとも連携し、岩手ファンを再び呼びこむ試みを進めたい」と話している。

今日Twitterで「被災地」という言葉に違和感を持っている方々がいることを知った。しかも東日本大震災の被災者の方々だけでなく、阪神・淡路大震災の被災者の方もそうおっしゃっていた。確かに直後だったらまだしも、もう3年も経とうというんだから、さすがにもうそろそろねぇ…

そこで、「被災地」でなく「復興地」と呼ぼうというアイディアがあった。いいと思います!

被災地の方々に毎日毎日心を寄せておられるあの天皇陛下ですら「被災地」ということばを使っておられるわけで、ある意味当然といえば当然なんだ。全然間違ってないし。しかし、その当然と思えることばが、当事者の人達を傷つけることもあるということなんだよね(´-`)

その「復興」のためのひとつの力になるのは、この「観光」だと思う。

「大河ドラマ館」閉館することなかったじゃんよ〜 人減るよ?政府もそこのところ考えて、復興費から維持費を出したらいいんじゃない?

リニューアルしたフラガールのショー
日経記事より

いわきには実際に行ったことがあるけど、スパリゾート・ハワイアンズはまだ。今度いわきマラソンに行ったら、温泉で体を休めながら行ってみようと思ってる。

いわきサンシャインマラソン

あと13日後にあるらしいね。でも今年はまだ体が出来上がってないから来年!(^^);

あとメガ海鮮丼があるという道の駅の「よつくら」?そこも行ってみたいんだ。

三陸鉄道にも行ってみようと思ってる。全線開通の時に使えるようになる前売り切符を持ってるからね。遅ればせながらあまちゃん聖地をまわってみようか。

東北は確かに言葉に表すことのできない痛手を受けた。でも必ずしもマイナスのことばかりではないと思う。

つまり、自分にこんな事をいう資格があるかどうかは分からないけれど、震災はピンチでもあり、ひとつのチャンスでもあるんだと思う。

大変失礼ながら、自分は震災の前までまったく東北に興味が無かった。大変申し訳無いけれど、はっきり言って全然眼中に無かった。

でも今は違う。東北のいろんなところに行ってみたいと思ってる。

この気持ちと行動がもし復興の助けになるのなら、本当に嬉しいね(*^_^*)