2013年11月30日土曜日

ネスレ日本が「ユーチューブ限定」映画を無料配信。YouTubeは益々、個人的なビデオ投稿サイトからグローバルな映像配信サイトになろうとしているのだろう。

日経13.11.15朝 「ユーチューブ限定」続々 ネスレ日本 専門のタレント事務所 ベンチャーが設立

ネスレ日本は映画製作を支援して、完成した作品を動画配信サイト「ユーチューブ」で無料で公開する。1分程度のネスレの広告を動画の冒頭に入れる。来年4月までに計10作品を公開する。「踊る大捜査線」シリーズで知られる本広克行氏や日本アカデミー賞の受賞歴がある佐々部清氏らに依頼…

ベンチャー企業のウーム(東京・渋谷)は…専門のタレント事務所を設立…動画番組の企画や広告スポンサー企業との交渉、版権管理などを担う…

ここだ。

ネスレ日本公式チャンネル - YouTube

これもそのひとつらしい。埋め込みもできるのね。


YouTubeは益々、個人的なビデオ投稿サイトというところからグローバルな映像配信サイトになろうとしているのだと思う。

そういった中、YouTuber専用のタレント事務所ができてもおかしくない。普通のタレント事務所も当然狙ってくるのだろうとは思うけれど…