2013年11月4日月曜日

世界でのiPhoneシェアの低さに改めて驚く

日経13.10.31朝 スマホ世界出荷39%増 サムスン、シェア拡大

…従来型を含む携帯電話端末全体に占めるスマホの割合は55%に達した…
メーカー別のシェアも新興国での取り組みが明暗を分けた…サムスン電子は上位機種から低価格帯まで幅広くそろえる戦略が奏功…2位のアップルとの差を広げた…
サムスンは世界首位という「物量」を後ろ盾にソフト開発者との関係を強め、グーグルの得意分野への参入も視野に入れている…
(シリコンバレー=奥平和行)

日経記事より

まず驚くのはAppleのシェアの低さ。なんだかんだ言っても13.1%!日本ではぜんぜん違うけど…しかも1.3%減だし。

いよいよAndroid vs iOSでWindows vs MacOSの構図がそのまま出てきた感がある。やっぱりAppleは、なんだかんだ言っても昔から少数派のものなのよね。

サムスンは開発者と関係を強めてGoogle的位置を狙っているらしいけど、どうかな?

Nexus4、Nexus5がサムスン製でなく続けてLG製だったのも、そういうパワーバランスなのかな?

自分としてはHTCやSONYと頑張って欲しいんだけど、SONYはXperiaブランドがあるからだめか?じゃあHTCで(^^);