2013年11月30日土曜日

両陛下の葬儀「改革」には色々議論があると思う。自分はどうか両陛下のお望み通りにしていただきたいと思う。ただそれだけ。

日経13.11.15朝 陵の形状・儀式 従来通り 両陛下の葬儀「改革」 変化への反発に配慮

…今回の発表では、大きな変化は火葬のみで、陵の形状、葬儀次第などは従来とほぼ同じだった。両陛下が望んだ簡素化や象徴天皇らしい葬儀のあり方はほとんど見られない…
大正…昭和…この時代の葬儀は国威発揚・国民統合の狙いもあり、陵を含めて大規模なものだった。天皇の長い歴史の中でも異質である…
見直し作業は宮内庁と内閣だけの「密室」で行われ、1年半にわたった検討は結局、前例踏襲に終わった感が否めない…
皇后さまは「ほこらのような小さいものでいいので、陛下の(陵の)のおそばに創って欲しい」と希望されたという…
(編集委員 井上亮)

見直し作業は宮内庁と内閣だけの「密室」か。

仕方ないとは思うけれど、密室だけに、両陛下のご意向がどこまで反映されているか、むしろご意向とは逆になっていないかが心配になる。

伝統がどうとか、火葬はどうなんだとか、色々議論はあると思う。自分は、両陛下がお望みならどうかその通りにしていただきたいと思う。ただそれだけ。

皇后陛下は「ほこらのような小さいものでいいので、陛下の(陵の)のおそばに創って欲しい」とおっしゃったそうだ。これだって真偽の程はわからないけれど、皇后陛下ならそうおっしゃったのだろうなと思う。