2013年10月19日土曜日

iPhoneを導入しても最大の契約純減を記録したドコモの2つの誤算

日経13.10.08朝 iPhone導入も最大の契約純減 ドコモ思わぬ逆風

…9月の契約の純増数は大手3社で唯一のマイナスで、減少幅は過去最大となった…
…「売りたくても売れない」(ドコモ幹部)。これが一つ目の誤算だ…
もうひとつの誤算は発売から1年経った旧型機種「iPhone5」の存在だ…
「キャッシュバック3万5000円」などと特典を奮発する店がゾロゾロ…
ドコモから漏れてくるのは恨み節だ。「早く5の在庫が無くなれ」…
5が売れるのは新モデルの割安機種「5c」と性能差が目立たないからだ…

なるほど。在庫不足と他キャリアの強力なキャンペーン、そして5との性能差があまりないことによって苦戦してるのか。

ドコモとしては、もはやiPhoneを導入しない選択はなかったのだろうけれど、逆に追い込まれたな。

iPhoneなんてドコモにとってはユーザー数を増やすための駒でしかないのに、それすらもままならないというわけだ。一体どうするつもりなんだろ(´・ω・`)

国内メーカーを奮い立たせて独自路線を行くべきだったと思うんだけどなぁ。FirefoxOSとかさ。

しかし、5と5cの差別化が出来なかったAppleも同様に追い込まれてるな。こりゃiWatchなどの新機軸を出すしか無いな。期待したい。