2013年10月17日木曜日

おかげ犬の「手ぬぐい本」で「おかげさま」ということばを再認識

琴線探査: 式年遷宮したての伊勢神宮へ参る!(内宮編)

内宮へお参りした後は、やっぱりメシでしょ!ということで、おはらい町・おかげ横丁へ。

かっけーファミマがあった。


こういうの、やっぱり重要だよね。ここでいつのものファミマがあったらやっぱり引くよ。二階はファミマのイートインカフェみたいになってた。

メシはやっぱり、老舗・岡田屋の伊勢うどん!写真は無し(^^);

鳥羽へのバスの時間まで間があったので、もう少し散策。ひものを試食で出してるお店でつまみつつ、伊勢醤油とかフレッシュなさきイカとか買った(*^_^*)

おはらい町からおかげ横丁に入ったすぐのところに「おみやげや」がある。ここでお目当ての座布団に乗るマスコットを買う。

前列の福寿にゃんこが前に買ったのの。後ろで守ってるわんこが今回買ったのの。かわ(・∀・)イイネ


「おみやげや」では今回さらに手ぬぐいも買った。最近手ぬぐいを集めておりまして(^^)


特にこのグッドデザイン賞を受賞したらしい「手ぬぐい本」というのが(・∀・)イイ






う〜ん…何ていうか、「おかげさま」ってそういう意味だったんだなとしみじみ思った。

NEXT:琴線探査: 「話題の生きものですが、見ずに帰っちゃいますか?」 by ダイオウグソクムシ 〜 鳥羽水族館の「へんな生きもの研究所」が楽しい(*^_^*)