2013年9月15日日曜日

SMARTalkの中身はSoftphoneの開発元Acrobits製だったらしい

「050」を0円で利用できる「IP-Phone SMART」の秘密とは!? « WIRED.jp


チェコのアプリヴェンダーであるAcrobitsが開発している、「Acrobits Softphone」に行き当たったのである。

このAcrobits Softphoneは、プッシュ通知に対応している点が大きな特徴であった。プッシュ通知に対応したアプリは、普段はバックグラウンドで停止しており、サーヴァーからの通知を受け取った段階でアプリが起動する。このため、アプリは常に起動していなくてもよくなり、電力消費を削減できる。

前にこのような記事を書いた。

琴線探査: フュージョン「SMARTalk」の通話品質は「Softphone」と比べ物にならないほど(・∀・)イイ!!

WIREDの記事によると、どうやらこのSMARTalkの中身はSoftphoneの開発元、Acrobitsが開発していたらしい。

SMARTalkを使う前はこのSoftphoneを使っていたのだけど、FUSIONのIP-Phoneを使う限りSMARTalkの方がダンゼン通話品質はいい。やはりFUSIONに最適化されているからだろうか?

やはり最適化というのはすごく重要だなと。