2013年9月8日日曜日

iOSもAndroidも勝者であり続ける保証はない(OS別スマホ世界シェアのグラフ)

日経13.09.04朝 マイクロソフト反抗 ノキア携帯端末事業 買収 スマホ挽回へ背水

【シリコンバレー=岡田信行】…
買収対象は、従来型の携帯電話機も含めたノキアの端末事業全て…
スマホ市場を席巻したアップルも、スマホ用OS「アンドロイド」を韓国サムスン電子などの協力メーカーに供給するグーグルも、勝者であり続ける保証はない…

確かに。もしノキアの端末シェアが全てWindows Phoneになった場合、特にAppleにとって大変な脅威となるだろう。

琴線探査: 日経の携帯電話端末世界シェアのグラフでの驚き2点盛

記事にあったグラフがもうひとつのことを教えてくれる。

日経記事より

それは、世界的に見れば「Androidファースト」は当然の動きだということ。

日本ではそこもかしこもiPhoneだらけ。これからドコモまでiPhoneを出すというのだから、iPhoneだらけはさらに加速するだろう。

そんな状況の中で、日本だけ見ているとiPhoneの天下のように錯覚する。しかし、世界ではすでにこれだけの開きがあるということを忘れちゃいけない。