2013年7月27日土曜日

現場出身の海保長官を起用し、着々と尖閣防衛の布石を打つ安倍政権

日経13.07.18夕 海保長官、初の現場出身

政府は…佐藤雄二海上保安監(59)を充てる人事を固めた…
佐藤氏は海上保安大学校卒で、現場出身を長官に起用するのは初めて…
海保長官は国土交通省の事務系キャリア官僚が就くのが慣例だった。今回の人事には、現場重視の姿勢を打ち出したい安倍政権の意向がにじむ…
現場職員の士気を高める狙いもありそうだ…

海上保安庁の長官ってキャリア官僚ばっかりだったんだね。現場の人々はさぞ歯がゆい思いをされていただろう。「事件は現場で起きてるんだ!」ってね。

しかし、そういった時代は終わりそうだ。

ラジオで青山繁晴氏も「海保の皆さ〜ん!ついに報われる時代が来るぞ〜!おめでと〜!」って感じのことをおっしゃってたし、きっとそうなんだろう。

この報道の前日にはこんな報道があった。

琴線探査: 安倍首相が石垣島と宮古島を訪問。安倍首相はすでに歴史的な首相となった。

安倍首相自ら海保の船に乗って現場職員の方々を励ましておられた。安倍首相は尖閣を念頭に、着々と布石を打っている感じだ。

きっと中国は今頃 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル しているだろうね。恐怖という意味でも、怒りという意味でも。