2013年6月2日日曜日

ランニングで高血圧を防止できるのはなぜか?

日経13.05.26朝 高血圧防止に有酸素運動

…運動はなぜ高血圧の防止効果が期待できるのか。それは運動することで、体内で「ドーパミン」や「プロスタグランジン」といった血圧低下に役立つ物質が増えるからだと考えられている…

なるほどお。特に「プロスタグランジン」は血圧低下に役立つらしい。

ランニング時にはドーパミンが出てるんだね。

走り慣れると走らない事自体がストレスになり始める。それはきっと体がドーパミンを必要としてるんだね。

あと、走り始めに関節が痛かったりしても、走ってるうちに痛くなくなってくるのも、きっとドーパミンのせいだね。

何か、色々わかった。