2013年6月30日日曜日

「襲撃・暴力事件」て、ウイグル民族がか?漢民族がか?それとも政府がか?

日経13.06.30朝 中国・新疆 最大限の警戒 民族対立 習氏が治安維持指示

【北京=阿部哲也】中国の新疆ウイグル自治区で民族対立を巡る緊張が高まってきた…
習近平総書記は…襲撃・暴力事件が相次ぐ現地の治安維持を徹底するよう指示…地方の治安維持を協議するのは極めて異例で、最大限の警戒態勢を意味する…
新疆ウイグル自治区では少数民族のウイグル族と漢民族の民族対立が激化。26日、28日と連続して武装グループらによる襲撃・暴力事件が発生している。
2009年7月5日には合計197人の死者(当局発表)を出す大規模な暴動が発生した。

どうも最近ウイグル問題がホットになってきたなと思ったら、暴動があった2009年の7月5日が近いからか。きっと記念日のようになっているのだろう。

しかし、「襲撃・暴力事件」て、誰が誰を?そこハッキリさせて欲しい。とにかく、中国の言ってることは鵜呑みにしないことだ。

現地の人たちが7月5日を無事に越えられればいいけれど・・・