2013年6月2日日曜日

アジア工場労働者の人件費グラフで考える。やっぱりいつかは国内生産かも。

日経13.05.14朝 中国、人件費6割増 アジア新興国で最高

【香港=川瀬憲司】…
生産拠点の優位性は揺らぐ。日本企業が人件費のより低いベトナムやミャンマーなど東南アジアに生産拠点を移す流れが加速しそう…

日経記事より

皆当然、こういう流れになることはわかりきっていただろう。

しかも、もはやタイやマレーシアも安いとは言えない状況らしい。現時点で比較的安そうなのはベトナムと、特にミャンマー。仲良くすべき。

最近の安倍政権の動きをみると、きっとこれを見越して外交を展開しているのだと思う。

ただ、こういった話でいつも思うのは、いつかはベトナムやミャンマーだって賃金が高くなっていくわけで、そうなったらどうすんの?ということ。

Appleは最近、中国生産を減らしてアメリカ国内での生産を増やそうとしているようだ。

自国民のことを考えると、長期的には多少高くても国内生産という流れになっていくのかもなと。