2013年4月27日土曜日

中国当局は「新疆ウイグル衝突で21人死亡」の件をテロと断定してるけど、事件の発端を聞くとそうは思えない

日経13.04.25朝 新疆ウイグル衝突で21人死亡

【重慶=大越匡洋】中国新疆ウイグル自治区…23日、警察官らと不審なグループが衝突し、警察側が15人死亡、2人負傷した。グループ側も6人が射殺…
当局はテロを企てていたグループと断定して8人を拘束、背後関係を調べている…
経済的に恵まれないウイグル族の独立運動がくすぶり、漢族と激しく対立している。

「警察官らと不審なグループが衝突」だって。中国当局にとって独立運動はテロというわけだね。

最近ならFCレーダーの件を考えても、中国当局の話は真に受けないほうがいい。本当に「テロ」だったのか?



今は34ツイート(^^);

Xinjiang Violence Leaves 21 Dead

・・・
An eyewitness told RFA's Uyghur Service that the violence was triggered when a local community watch group ordered a woman to lift a veil covering her face while searching Uyghur houses in the Third Residential Committee area near the People's Square bazaar.

"When she refused, one of the watch group's member removed her veil, triggering the conflict," said the male employee of an electronics shop nearby, speaking on condition of anonymity.
・・・

目撃者によると、警官がウイグルの人々の家を捜索していて、ある女性に対して顔を覆っているヴェールを上げろと命令し、その女性が拒否したにも関わらず警官が無理矢理ヴェールを引き剥がしたことが発端のようだ。

つまり、どうやらテロではなさそうだけど。

要するに中国当局は、ウイグル人をテロリストに仕立て上げ、「テロはいかん!」という国際世論を盛り上げて、ウイグルの人々を御しやすい方向にもっていこうとしているのではないだろうか。