2013年4月28日日曜日

中国は尖閣を「核心的利益」だと喧伝しながら、サイト上では日和ってあいまいな表現を使ったとさ(^^);

日経13.04.28朝 尖閣は「核心的利益」発言 中国が事実上修正 サイト上に異なる表現

【北京=島田学】中国外務省の華春瑩副報道局長が26日に沖縄県の尖閣諸島は「当然、中国の核心的利益に属する」と明言したことを巡り、同省は27日までにウェブサイト上の記者会見録に実際とは異なる発言を掲載し、26日の発言を事実上修正した…
これまでは台湾、チベット、ウイグルの問題に使ってきた。修正後は「中国は国家主権、国家の安全、領土などを含む国家の核心的利益を断固守る」とした上で、尖閣諸島について「中国の領土主権に関わる問題だ」と指摘した…
実際の発言と比べてあいまいな表現を用いた。日本側の反発を懸念した対応とみられる。

中国は尖閣を「核心的利益」だと喧伝しながら、実際には日和ってサイト上ではあいまいな表現を使ったと。

おもしろい。実におもしろい。

中国政府は国内向けには勇ましいことを言って支持を得たいけれど、日本側の細かいところまで見る人には「これは国内向けですから」と言わんばかりだ。

そうですよ。あなた方が懸念している通り、もちろん反発しますよ。

尖閣諸島は沖縄県ですよ。あなた方が言っていることは、その一部とはいえ「沖縄県は中国のもの」と言ってるに等しい。それはあなた方が忌み嫌う、明らかな侵略行為ですよ。

そこのところをよく考えてご発言下さい。

そして、何でもかんでも「核心的利益」と一方的に宣言すれば意のままにできると思っているのなら、大間違いですよ。