2012年12月9日日曜日

サンクトガーレンのアルコール度数10%のビール、逝ってみた

琴線探査: サンクトガーレンのアルコール度数10%のビール、まじ興味ある

というわけで人柱になったわけだけど。

エル・ディアブロ
(大麦ワイン)

ウンアンヘル
(小麦ワイン)

飲んでみてまずわかるのは、確かにアルコール度数が高いということ。同時に山梨の新しいワインを買っていたのだけど、アルコールの感じは同じような感じだった。ボジョレー・ヌーヴォー対抗というだけある。

味的にはどちらも黒ビール的な感じで、エル・ディアブロの方がより黒い感じ。

どちらもビールとしてかなりリアルな感じなんだけど、普段スーパードライとかを飲み慣れている人だとリアルすぎるかもしれないね。

後で思ったのは、これはすぐに飲むべきではなかったなと。

ワインのように1年か2年くらい寝かしてから飲んだほうが、アルコール度数も高くなって味もまろやかになったのかもしれない。