2012年10月7日日曜日

「LTE普及>固定ネット回線解約>デスクトップPC絶滅危惧種」可能性ある

日経12.10.07朝 スマートフォン高速化 携帯3社 2〜3倍、光回線並み
…携帯電話3社は…料金を据え置いたまま速度を2〜3倍に引き上げ、2014年春までに毎秒75メガ〜150メガビットと家庭用光回線に匹敵する高速通信網を整備する。…インターネット端末の主役がパソコンからスマホやタブレット…に移行する…NTT東日本の「フレッツ光」の純増数…は4〜9月期で前年同期より57.2%%現象…「テザリング」サービスも開始しており、固定回線の利用者離れがさらに加速する可能性がある。

確かに、LTEが普及してくると、固定回線を解約してむしろLTEの方に予算をまわすという動きが出てきそうだ。

ただ、現段階ではデータ量制限や速度制限があるので、ヘビーユーザーの自分としてはそう簡単に固定回線を解約できない。

しかし、ライトユーザーならどうだろう。そして、もしこれらの制限が緩和、もしくは撤廃されたとしたら?自分も解約しちゃうかも。

NTT東日本の「フレッツ光」の純増数が前年同期比で57%も減少しているのは、すでにそういった動きが出てきている証拠なのかも。

そうなると益々、ユーザーのコンピューティング活動がPCよりもスマホやタブレットに移行していくというのは、自然な流れだろう。

もしかすると、10年後にはデスクトップPCというものが非常にレアになっているかもしれないね。