2012年9月29日土曜日

ドコモの交流ゲーム参入でGREE・DeNAが開発会社とどのような信頼関係を築いてきたかが問われることになるのだろう。信頼って大事。

日経12.09.28朝 グリーとディエヌエ株が急落 ドコモと競争激化の思惑 交流ゲーム、手数料下げ焦点
27日東京株式市場で交流ゲーム大手、グリーとディー・エヌ・エーの株価が急落した。「NTTドコモが交流ゲーム事業に参入する」と伝わり、ゲーム開発会社が支払う手数料の引き下げ競争が始まるとの見方が広がった…ドコモは売上の約2割を配信手数料として受け取る見通し。グリーやディーエヌエより割安のうえ、約6000万人の顧客基盤を持つため、開発会社はドコモ向けに積極的にゲームを供給することも想定される…開発会社の株価が軒並み上昇

昨日ドコモがソーシャルゲームに参入するという記事があった。

琴線探査: ドコモは契約者数とかMNP数とかの勝負を降りて、別のゲームで勝負しようというのね

早速、市場の反応が出てきているようだ。

それは配信手数料がこれまでの半分となれば、開発会社がドコモになびくのも仕方ない。開発会社側も色々命令されててストレスたまってるという話しも聞くし。

これから、GREEやDeNAが開発会社とどのような信頼関係を作ってきたのかが問われることになるのだろう。

こういったピンチの時のためにも、カネだけじゃない信頼関係って本当に大事だね。