2012年9月29日土曜日

Appleマップの謝罪文からわかることは「GoogleはまだGoogleマップを審査に出していない」ということだ

Apple CEO Tim CookがApple Mapsについて謝罪, 競合製品を代替として提案 - Tech Crunch Japan

AppleのCEO Tim Cookが同社のWebサイト上に公開書簡を掲載し、iOS 6の市場導入以降数週間に亘って繰り広げられたMaps騒動に関して、ついに謝罪した…しかし最近本誌が知り得たところによると、GoogleがAppleにturn-by-turn機能の提供を渋ったため、両社の関係が冷えていたらしい…

TCにはクック船長の弁が英語で載っている。タッチラボさんの記事には日本語で載っている。

アップルCEOティム・クック、iOS 6のマップについて謝罪

…私たちがマップの改良に取り組んでいる間、皆様にはApp Storeから「地図マピオン」、「地図 Yahoo!ロコ」などの地図アプリケーションをダウンロードしていただけます。Googleマップのウェブサイトにアクセスして、そのアイコンをホーム画面に作成し、マップを使うこともできます…

ここの部分は日本語版の独自らしいね。

しかし、アップルらしくないね。「地図マピオン」を使えだって?こんな謝罪文を出すくらいなら、なぜAppleマップを出すのをもっと後にしなかったのか。

ライセンス契約をケチったのか?それともturn-by-turn機能の提供を渋られてAndroidに水を開けられることに焦ったのか?

AppleマップがiPhone、iPad、そしてこれから出るかもしれないiPad miniの価値を大幅に下げていることは否めない。

Appleはこの意味がわかっているのか?常に先進的であり続けるという、iOSのブランドを傷つけたんだ。現状維持ならともかく、デグレードしてどうする。残念でならない。

最後に、この謝罪文からわかることは、Googleは確かにまだGoogleマップを審査に出していないということだ。

もし現段階でGoogleマップが審査に上がってきているなら、即認可してしまえば、Appleはこんな歴史的かつ屈辱的な謝罪文を出す必要はないのだから。