2012年9月14日金曜日

大量の中国漁船が16日以降に来襲する可能性あり。これはヤバイ。

日経12.09.14夕 大量の中国漁船16日以降出港か
【北京=島田学】中国農業省漁業局は東シナ海での休漁期間が16日正午(日本時間午後1時)に終わると発表した。沖縄県の尖閣諸島周辺の海域を含む東シナ海に向け、大量の漁船が出港する予定だとしている。中国共産党機関紙の人民日報が14日伝えた。中国政府の統制の効きにくい漁船漁船を多数操業させて日本の海上保安庁に圧力をかける狙いもありそうだ。

今日、中国の監視船が過去最高の6隻領海に侵入したという記事がこの記事のすぐ上にあったけど、こっちの方がよりヤバイと思う。

予想はされていたものの、本当に来そうだとなると非常に心配だ。

しかし、日本はこういった事態にも対応できるように海保法を改正したばかりだ。もし本当に来るのなら、今回の法改正の効果がどれだけあるか試されることになるのだろう。

経済面など、国民にもそれなりの覚悟が問われることになりそうだ。

もし本当に来れば、「戦争」一歩手前の「危機」ということになるんじゃないか?何とかならないのだろうか。。。

ブラフであればいいけれど。。。