2012年8月24日金曜日

韓国は親書を受け取らなかったことで自ら墓穴を掘った

日経12.08.24朝 返送受取拒否 親書巡り政府 韓国側は改めて郵送
【ソウル=尾島島雄】韓国政府は・・・竹島・・・の領有権問題を巡り、野田佳彦首相が李明博・・・大統領あてに送った親書を日本政府に返送した。外務省は韓国側が届けようとした親書の受け取りを拒否。このため韓国側は同日、書留郵便で送った。・・・外交通商省・・・返送理由について同省報道官は23日「独島を紛争地域にしようとする日本に利用される可能性などを総合的に検討した」と述べた・・・(大統領府)高官によると、李大統領は「島根県の竹島」の表現に「これはどこだ。そんな島には行ったことがない」と述べたという・・・

何とも非礼極まる振る舞いだ。韓国は「利」よりも「義」を大事にする儒教の国ではないのか?これが韓国の「義」か?韓国国民はこのような大統領の振る舞いに賛同するのか?

「これはどこだ。そんな島には行ったことがない」?白々しい。十分わかっているからこそ返送したはず。

いくら野田首相だからといって一国の代表が送った親書を受け取らないなど、これはもうほとんど宣戦布告にも近い振る舞いだ。なぜなら「おたくとはもう話し合いをする気はありません」と言っているのに等しいのだから。

しかし、逆に言うと、韓国はそれほどまでに国際司法裁判所への提訴を怖がっているのだろう。

「独島を紛争地域にしようとする日本に利用される可能性などを総合的に検討した」?

韓国が親書を受け取ろうと受け取るまいと、もはや日本の国際司法裁判所への提訴はほぼ確定路線。となれば、韓国の報道官が言うように「独島」は紛争地域になる。

ということは、韓国は親書を受け取らなかったことで自ら墓穴を掘ったということだ。韓国がいかに非礼かを改めて国際社会に宣伝したわけだ。ひいては、いかに韓国の分が悪いかをも宣伝したわけだ。

韓国の外交はしたたかだと思っていたけれど、どうやらそれほどでもなさそうだ。