2012年8月18日土曜日

尖閣上陸で強制送還される連中のうち飛行機組は自費。抗議船組は?きっちり請求すべき。

日経12.08.18朝 活動家ら強制送還 尖閣上陸
・・・入管難民法違反で逮捕・・・男14人全員を香港へ強制送還した・・・14人のうち活動家ら7人は同日夜、那覇空港から民間の飛行機で香港に到着した・・・いずれも自費による出国という。抗議船の船長や船員ら残りの7人はいったん海保の飛行機で船が停泊している沖縄県石垣市に身柄を移された後、抗議船で出港した・・・

結局強制送還となった。活動家や中国政府だけでなく日本政府としても、シナリオ通りの展開だったのだろう。

活動家や中国政府にとっては、まさにやり得。日本に不法入国して旗を立てても、結局強制送還されるだけだもの。

ここにローリスク・ハイリターンのお手軽英雄製造機が誕生した。本国で英雄になるために同じ事をしたいと思う連中はこれからいくらでも出てくるだろう。

そしてローリスク・ハイリターンの便利なガス抜き機も誕生した。中国政府は国内のガスが溜まるたび、この便利なツールで手軽にガス抜きできる。

日本にとっては、まさにやられっぱなし。残念だ。

気になってたのは、まさか連中を送還するときに日本が金を出すのではないだろうな?ということ。

飛行機で帰る半分の連中に関しては自費のようだ。ただ、抗議船で帰る半分の連中に対して燃料費を請求するとは書いてない。きっちりと請求すべき。