2012年7月6日金曜日

YouTubeで違法にアップされた映像を見ても、ストリームだからダウンロードではない、だから無罪!だそうだ。

日経12.07.06朝 音楽違法ダウンロードに罰則、効果は 運用手探り 抑止に期待 恣意的な摘発に懸念も
著作権法の改正で、音楽や映像などの海賊版をダウンロードすると、10月から刑事罰が課せられる・・・法改正により、違法ダウンロードには2年以下の懲役または200万円以下の罰金を科す。電子書籍は対象外。・・・「ユーチューブ」などで映像を視聴するストリーミングは、ダウンロードではないので違法ではないとされる。・・・(法務報道部 瀬川奈都子)

音楽や映像はタイーホされるのに、電子書籍はいいんだ。おかしな法律。

YouTubeで違法にアップされた映像を見ても、ストリームだからダウンロードではない、だから無罪!だそうだ。

プログラマの立場から言うと、ストリームもダウンロードも基本的には同じと思うんだけど。ファイルとしてダウンロードしてないから違う?

しかしYouTubeでは実際、プログレッシブダウンロードでファイルとしてダウンロードしてるはずだし。

よくわからん。

ところで、今回の著作権法改正で期待されたフェアユースの部分はどうなったんだろ?

琴線探査: 「キャラ写る写真をブログ掲載すると違法」らしいね。さっさと著作権法改正しよ。

全然報道無いと思うけど。