2012年7月21日土曜日

「t.free」はきっと問題になる。つい先日、総務省の新方針が発表されたばかりだし。

iPhoneユーザーに朗報? 「テザリング」可能に  :日本経済新聞

・・・無料の公衆無線LANサービスが利用者情報を無断で取得していたとして今年4月に総務省から行政指導を受けた通信関連ベンチャーのコネクトフリー・・・今回はiPhoneを経由してパソコンをネット接続できる・・・サービス・・・「t.free(テザーフリー)」・・・「脱獄(Jailbreak)」も・・・必要もない・・・利用希望者は、コネクトフリーのホームページからソフトをダウンロードしてMacにインストール。iPhone内蔵のウェブブラウザ「サファリ」で簡単な設定をすれば、すぐにテザリングが利用可能となる。利用料はかからない。テザリング中に「広告」が出ることもない・・・投入したiPhoneのテザリングサービスは、ある種の「アピール」なのだと、関係者は明かす・・・

自分的にはiPadからテザリングできないと嬉しくないけど、MBA持ってる人なら相当嬉しいだろう。

しかし、これはソフトバンクやauが怒りそうだ(^^);

ところでつい先日、総務省は「電話回線に過大な負担」をかけないためと思われる新方針を発表した。

琴線探査: SkypeやLINEが規制されるかもしれない総務省の新方針

Macからのテザリングとなれば、SkypeやLINEなどとは比べ物にならないくらいの帯域を消費するだろう。

このサービスをリリースした目的には「アピール」や「デモ」といった意味あいが含まれているようだけど、いかにもタイミングがよろしくない。

これはきっと問題になるね。2度目の炎上か?

もし通信業界に風穴を開けてやる!という覚悟ではなく、ちょっとしたデモのつもりなら、問題になる前に引っ込めた方がいい気がする。

追記12.08.30:t.freeの開発者はナイスガイのようだ。そもそも1ヶ月間限定の公開で、事前に総務省などにも説明をしていたようだ。

「もっと自由につながりたい」――iPhoneテザリング「t.free」開発者・クリストファーの思い (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース

・・・コネクトフリーの反省を踏まえ、リリースは慎重に行った。事前に総務省や通信会社などに説明し、弁護士やアドバイザーの意見を聞いた上で公開。ユーザー数やトラフィックを監視し、通信会社の負担にならないよう配慮した。7月20日、1カ月限定で公開。・・・