2012年7月19日木曜日

原発再稼働後に火力を止めておいて計画停電の可能性があるから節電しろ?

日経12.07.19朝 夏の節電10%継続検討 関西、大飯フル稼働でも 梅雨明け猛暑考慮
政府は・・・大飯・・・4号機が近くフル稼働しても・・・節電目標を当面、据え置く検討に入った・・・関西広域連合は政府に対し、節電意識が緩めば電力需給が悪化するとして、4号機フル稼働後も節電目標を現行の「10%以上」に維持するよう要請している・・・原発再稼働の効果を示すためにも、目標を「6%」以上に緩和すべきだとの意見も政府内の一部に残り、6%までは緩和可能との見通しを政府が併記する案もある・・・

日経だけを見ていたら「ああ、原発を動かしてもまだ足りないんだぁ」と思うだけだっただろう。

しかし、これらの記事をあらかじめ見ていたので、この記事に対する感想はまったく違うものになった。

「ああ、原発を動かしてもまだ足りないと言いたい人たちがいるんだぁ」と。しかし、「足りない」と主張する動機は人それぞれ複雑そうだけど。


火電停止は電力余剰だった! 関電京都支店広報が明かす - 京都民報Web

・・・関電は大飯原発3号機が9日にフル稼働し、同日に火力発電所8基を停止させていました。同社は、原発の再稼働以降も計画停電の可能性があるとして、府民に節電を呼びかけています・・・

は?火力を止めておいて計画停電の可能性があるから節電しろ?言っていることわかってるのかね。


中日新聞:関電、大飯再稼働なくても電力供給に余力 :社会(CHUNICHI Web)

・・・政府の節電要請から16日までの2週間の関西電力管内の電力需給で、最大需要は2301万キロワットにとどまり、出力118万キロワットの大飯原発3号機(福井県おおい町)が再稼働しなくても、供給力を9%下回っていたことが分かった。・・・

要するに、関電は需給どうのこうのじゃなくて、コスパが低い火力より当面のコスパが高い原発を選びたかったということなんじゃないかと思われ。それなら、ある意味わかりやすい。