2012年7月15日日曜日

これはひどい。ロシアは墓参りまでも阻止してくるようだ。

日経12.07.13夕 北方領土への墓参中止
■元島民ら 北海道が17日から予定していた北方領土・択捉島への元島民らの墓参が取りやめになった。外務省が12日に「ロシア側が延期を求めており、墓参を日程通り実施できなくなった」と道に連絡した。

2cm×2cmくらいの非常に小さな記事だったんだけど、これは重大記事だと思う。

最近ロシアは北方領土問題で強硬に出てきている。ていうか、日本がナメられている。

そして今回のこれだ。これはロシア側からの「北方領土は一歩たりとも譲らない」というメッセージだと思う。

政府・外務省も情けない。ロシアが要請してきたら「ハイそうですか」と言うことを聞くのだから。外務省には外交官がいるはず。日本の外交官は連絡係か子供の使いか何かに成り下がったのか?

こういうの全てひっくるめて、はたして日本には北方領土を取り戻す気があるのかどうか本当に疑問だ。たまに、もうダメじゃないか?諦めるしか無いんじゃないか?と思ってしまうんだ。まさか、それが政府の狙い?


大体、話はお墓参りじゃないか。いくら政治的に問題があったとしても、それはないだろう?

ロシア人は墓参りしないのか?ロシア人は墓参りする人の気持ちがわからないのか?

これはひどい。麻生元総理風に怒りを感じる。

もしこれが政治の駆け引きでないと言うのなら、理由を聞かせてもらいたい。外務省はしっかりとした説明を求めて国民にも説明すべきだ。

もし政治の駆け引きに使ったのなら、ロシアはサイテーだ。