2012年5月13日日曜日

自分史上最高の貼りクオリティー。「iBUFFALO iPhone4S 『なめらか指すべり』液晶保護フィルム」

初代iPhoneを手に入れてからというもの、一体何枚このてのフィルムを貼ってきたことか・・・

確かに、回を重ねるごとにウデは上がっていく。しかし、やっぱり、どうしても、一つくらいのホコリや気泡は残るものだと思い込んでいた。

しかし、この「iBUFFALO iPhone4S 『なめらか指すべり』液晶保護フィルム」はどうだ?このとおりの自分史上最高の貼りクオリティー。


その秘密はパッケージでも「当社独自開発」とうたわれている「イージーセパレーターフィルム」にある。

これを説明するにはパッケージの図が一番だろう。


自己吸着面の剥離フィルムの上の方だけはがせるようになっているところがポイント。

そこだけをはがして、まず位置合わせを完璧にする。位置合わせして残りの剥離フィルム部分をはがしていくと、これがまた不思議と自然に吸着していく。

「なめらか指すべり」との文句に恥じないすべり具合だし、そのせいもあって汚れも拭きやすい。

アンチグレアタイプだから多少の色にじみはあるものの、少ない方だと思う。

iPad用のがあればそれも買いたかったな。


また日本人のすばらしいKUFUを見た気がした。