2012年5月9日水曜日

人間の「視線」を認識するGalaxy S III に期待したい

スペックでなく、「ヒューマン」な要素で勝負するサムスンGalaxy S III - Tech Crunch Japan

サムスンの新製品発表は「スペック(で語ること)の終焉」を目指すものだったのかもしれない・・・スペックを語らずに何を語ったのか。主にサムスンが実現した「直感的デザイン」についてだった・・・「Galaxy S IIIは人間の目を認識します。視線が外れると画面を暗くするのです」・・・

Sumsungが日本企業が陥ったスペック重視の落とし穴に落ちるまいと頑張っているらしい。

SumsungはAppleをモデルとしているのだろう。それは正しいと思う。スペックは必ずしもユーザーにとっての価値とはならないから。

そのSumsungの新型機Galaxy S IIIは人間の「視線」を認識するらしい。これがもし正しく動作するなら、UI/UXにおける一つのブレイクスルーだと思う。

ジェスチャー認識によるデバイスのコントロールを試みる例として「Flutter」がある。

Flutter | Gesture Recognition on Your Webcam

残念ながら、現状では正直言って実用ではない。誤認識するから。その問題点のひとつは、「いつジェスチャー認識をすべきかをいかに知るか」ということだと思う。

もし人間の視線をコンピューターが認識できるなら、ジェスチャー認識の問題はかなり解決に近くなると思う。

Galaxy S IIIに期待したい。