2012年5月22日火曜日

原発を再稼働してもしなくてもリスクは同じという議論には同意。しかし、簡単に再稼働させてはいけないと感じている。

原発を再稼働させても、させなくとも危険性は同じじゃないの? (大西宏) - BLOGOS(ブロゴス)

・・・まず疑問に思うのは、原発を休止状態にしておくことと、再稼働することで危険性が変わってくるのかということです。再稼働を強く反対している人にぜひ説得力のある説明をしてもらいたいものです。素人ながら感じるのは、どちらでも危険度は同じじゃないのかということです。・・・原発再稼働は危険だだから再稼働させない、電力供給が逼迫するから節電するという発想は、どうなんでしょうね。・・・

いや、大西氏のおっしゃるとおりだと思う。

自分も素人ながら、原発を再稼働しない場合のリスクと再稼働した場合のリスクはそんなに変わらないのじゃないかと考えている。

しかし、あれだけの原発事故を起こした日本国は、いくら電力が足りないからといって、何ら新しい見通しもなく単に現状維持で簡単に原発を再稼働させてはいけないとも考えている。

例えば、「原発に代替する新しいエネルギー源を何年までには国家プロジェクトとして開発するけど、それまではどうしても電力が足りないので、リスクを承知で一時的に原発を動かし、何年までには原発を全廃します」という話なら納得できる。

日本ではこれからも大きな地震が予知されているのに、未来永劫原発を稼働し続けるなんてありえない。「想定外」など、日本ではもう二度と許されない。リスクを回避するには「DENY ALL」だ。だから基本は、原発全廃に動くべきだ。

そういう話もなく、あたかもあの福島原子力災害がなかったかのように原発が再稼働するのは、やはり反対だ。

電力が足りなくなれば経済が滞る。原発が立地している地元の経済や雇用を守る必要がある。そんなことはわかってる。要はカネだ。

しかし、カネを理由に原発を再稼働させるなら、3.11を経験した日本人として、あまりに学びがないじゃないか。

本当に、本当にそれでいいのか?という話だ。

絶対にお答えにならないと思うけど、天皇陛下なら何とおっしゃるだろうか、と。