2012年4月24日火曜日

Adobe CS6発売。Flash Builderの扱いはどうなった?

環境移行Q&Aガイド:どのように購入したらいいの? - Adobe Design Magazine

・・・2012年5月には、CS6が発売になります。従来通りの単体・Suiteの製品版や、アップグレード価格ももちろん用意されていますが、CS6からは新たなSuite製品の利用方法として「Adobe® Creative Cloud™ メンバーシップ」がスタートし、クリエイティブに必要なすべての製品やサービスを月額料金で利用していただくことができるようになります。・・・月額5,000円(年間プランの場合)。さらに2012年8月31日までの発売記念版ではCS3以降のいずれかの単体製品もしくはSuite製品をお持ちのお客様に、月額3,000円となる特別価格も用意されています・・・

CS6発売の発表があり、まず気になったのはFlash Builderの扱い。

調べてみると、どうやら一番高いMaster Collectionにのみ含まれるようだ_| ̄|○

その他には含まれていない。

グラフィックデザインソフト | Adobe Creative Suite 6 Design Standard
インタラクティブデザイン | Adobe Creative Suite 6 Design Web Premium
映像編集統合ソフト | Adobe Creative Suite 6 Production Premium

CS5.5 Web Premiumには含まれていたのにぃ。

では、Master Collectionを買うしか無いのか?

「買う」のならそれしか無いだろう。もう一つの選択肢は「Creative Cloud」だ。CCにはFlash Builderが含まれているようだから。

環境移行Q&Aガイド:どのように購入したらいいの? - Adobe Design Magazine

となると、今後FBを入手するには、Master Collectionを買うか、割高なFB単品を買うか、CCに加入するか、ということになる。

となれば、もうCCに加入するしか無いだろぉ〜とまんまとAdobeの戦略に乗らざるを得なくなるわけだ。

確かに、CCに加入すれば全てのアプリが使えるようになるし、8月31日までなら初年度月額3000円にしてくれるなど呼び水もある。

しかし、CS5.5を買ってまだ1年も経っていないのですが・・・

ただ、やっぱり将来的に考えると、CC加入は財務面でもメリットあると思う。

でも、今、今すぐそうするのか?と問われれば、買ったばっかの今は悩ましい。非常に悩ましい。