2012年3月18日日曜日

「障害者」か「障がい者」か?悩むぅ〜((+_+))

ごめん「おお地震」「障がい者」はカンベンしてください。(tokyo editor) - BLOGOS(ブロゴス)

・・・秋田犬とか大地震とかの読み方。「あきたけん」「だいじしん」じゃなくて、「あきたいぬ」「おおじしん」とか・・・気持ち悪いぜこれ。・・・「じしん」は音読みなのだから、どちらかといえば音読みの「だい」のほうが正しいわけだ・・・少なくとも「より正しい」と思われる「だいじしん」と発音すべきではないのかマスメディアだったら。メディアが誤用を広めてどうするのか。・・・「障がい者」って表記・・・

確かに、自分も同様の違和感を感じていた。

「大地震」って、「だいじしん」と読むと思ってたら、報道では何だか「おおじしん」と読んでるようだし、自分が間違ってるのか?と。

正直何が正しいのかわからない。記事のコメント覧での皆の議論を見ると、ことばというのは本当に深いなと改めて思う。


ただ、「あきたけん」か「あきたいぬ」かと、「障害者」か「障がい者」かは、人の感情が絡むかどうかという点で単なることばだけの問題の議論とは違うと思う。

よく政治家が「障がい者」と表記するのを目にする。

字面として違和感を感じることはあるのだけど、「体が不自由な人に配慮をしようとしています」というメッセージは良く伝わってくるし、その政治家の動機がフェイクなものでなければ、それはそれで構わないと思う。

自分としては、実際に体が不自由な人の中にはこの「障害者」という言葉に違和感を感じる人もいるようだし、それなら自分が書く時も「障がい者」と書こうかなと思わなくはない。

でも、やっぱり違和感がある。

なぜだだろう・・・字面だけ変えても本質は何も変わらないし、むしろ問題をうやむやにする恐れがあるから、かな。

でも、できることなら人が嫌がる字面を使いたくはない。

悩むぅ〜((+_+))

そもそも「障害者」ということば自体がダメなんじゃなかろうか。何か別の呼称を発明したほうがいいのかもしれない。