2012年2月15日水曜日

「Just nuke all the data」。さすがは元Tech Crunch編集長、Michael Arrington。

Path:非通知にて収集した利用者のアドレスブックデータ、全削除を完了 - Tech Crunch Japan
Pathは投資家であるMichael Arringtonの言葉を受け入れたようだ・・・Pathは、利用に明示的に説明することなくアドレスブックデータをアップロードしていると報じられ、大いにプライバシー面からの非難を受けることになってしまった・・・Pathに投資しているArringtonの提案はシンプルだった。すなわち「いったん全てをクリアにしろ」(Just nuke all the data)・・・いったんすべてをクリアするというのは、象徴的な意味を持ち効果的だ。「私たちは間違いを犯しました。私たちはもう一度やりなおしたいと考えています」というメッセージが利用者に伝わることになるだろう。

さすがは元Tech Crunch編集長、Michael Arringtonだ。

「いったん全てをクリアにしろ」は正しいと思う。間違いを認め、謝った上でサービスを再起動するのは大変勇気が要ることだと思う。しかし、それしかないとも思う。

「Just nuke all the data」か。自分的に訳すなら「速攻で全てのデータを核で燃やし尽くしてしまえ!」というところだろうか。おもしろい英語だね。