2012年2月17日金曜日

東西電気周波数統一コストの試算が始まるらしい。やるなら、今しかないと思う。

日経12.02.17朝 東西電気周波数統一費用試算へ 経産省
経済産業省は16日、供給する電気の周波数が異なる東日本と西日本の電力融通の拡大に向けた研究会・・・東西の周波数を統一する場合にかかるコストを試算することなどで合意・・・発電や変圧設備、産業用機器の交換や改造が必要だ。

これは大いにやった方がいいと思う。

試算結果を待たなくても、間違いなく莫大なコストがかかるだろうことはわかるけど。

しかしだからこそ、もし本当に統一する気なら、できるだけ早く決断する方が余計なコスト増を避けることができるし、社会的な機運としても今しかないと思う。

そのために一体どれだけの覚悟が必要なのかを、きっとこの試算結果が教えてくれるだろう。

期待したい。