2012年2月25日土曜日

日本のスマホ普及率はまだ17%程度らしい。思ったより鈍いのは、なぜだろう?

comScoreレポート:モバイル環境でかつて先行した日本、スマートフォンの普及率は最低レベル - Tech Crunch Japan

・・・comScoreから本日(米国時間2月23日)リリースされた資料・・・興味深いことに、スマートフォンの台数の多い国ほどモバイルメディア利用率が高いというわけでもないようなのだ。なんと、今回の調査対象国にてスマートフォンの普及率が最も低かったところが、モバイルメディアの利用率が最も高いという結果になった。その国とは日本で、人口の76.2%が何らかのモバイルメディアを利用している・・・しかしこの日本では、スマートフォンを所有する人は、なんと17%・・・

スマホの普及率が低くてもモバイルメディアの利用率が高いという話は、別に驚く話ではない。日本人としては。

ガラケーはガラケーで依然として優秀だと思うし、日本には90年代終わり頃からモバイルメディアの利用が普及してきた長い歴史がある。むしろ日本では「インターネット」「メール」といえば、ケータイの事をいうのだと思う。

でも、外国から見れば「なんと!」という感じなんだろうね。興味深い。

こっちが驚くのは、日本のスマホ普及率がまだ17%というところ。

スマホはこれだけ喧伝されていて、販売されているケータイのラインナップもほとんどスマホなのに、まだ17%?街を歩くと、昔に比べれば相当増えたとは思うけれど、そんなもんか?

2010年12月の時点のアメリカでの普及率にもぜんぜん到達してないじゃない。日本は2年近く遅れてる?

琴線探査: アメリカでのスマートフォン普及率は30%程度らしい。日本でも近い将来そうなるのだろう | Apple iOS、「次に使いたい携帯OS」でAndroidと引き分け(Nielsen調査) - Tech Crunch Japan

2011年7月時点では、日本でのスマホ普及率は7%程度だったらしいから、かなり伸びてるとは言えるけれど。

琴線探査: 世界でのスマートフォンの普及は思ったより速く進んでいるということらしい | スマートフォンGoogleプレスイベント、最新Android OSなどをデモ - ケータイ Watch

それだけガラケーで十分だと考える人が多いということだろうか。逆に言えば、ガラケーがそれだけ優秀だということだろうか。

いや、通信料の定額制がネックなのでは?スマホだとまず確実に天井に逝くので、結果として固定費は上がるケースが多いと思う。

この普及率の伸びの鈍さは、ガラケーの優秀さや文化の他に、日本の景気や所得にも関係がありそうな気がする。