2011年12月1日木曜日

海老名市議「iPad2」導入で経費削減。新しいテクノロジーはドンドン人から仕事を奪ってゆくなぁ・・・

日経11.12.01朝 海老名市の会議・市議会 資料はiPad
神奈川県海老名市は・・・iPad・・・を使った会議システムを導入・・・画面上に資料を表示する。説明者がページをめくると無線LANを通じて参加者全員の端末の画面も同じ動きを・・・富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ・・・が開発した。市は200万円かけて導入したが「用紙代や印刷費、人件費など年間で百万円単位の経費削減につながる。初期コストは十分回収できる」・・・

こうなるべきだと思うけど、海老名はその先駆けとなったというわけだ。近い将来、きっと学校教育の現場でも同様になっていくだろう。我が厚木はどうか?

ただ、一つ気になることがある。

「人件費など年間で百万円単位の経費削減につながる」というのは市民としては歓迎すべきことだろう。

しかし、これは一方で、誰かの仕事がなくなるということを意味する。

新しいテクノロジーというのはドンドン人から仕事を奪ってゆくのだなぁ・・・