2011年12月1日木曜日

mixiとTwitterの提携はよくわからないけど、余計なモノがくっつかないか心配

日経11.12.01朝 ミクシィとツイッター日本法人 「つぶやき」で協業 利用者を囲い込み
・・・両者間で「つぶやき」の相互乗り入れを強化するなど連携を図る・・・両社は、濃密な友人関係を築く利用者が多いミクシィと不特定多数とつながりやすいツイッターは相互補完関係にあり、協業のメリットがあると判断した。・・・ミクシィ上のつぶやきをツイッター上にも目立つように表示、ツイッター利用者をミクシィへ誘導する・・・アプリも共同開発・・・1月をめどに提供・・・一情報・・・ミクシィとツイッターのそれぞれの知り合いの所在地を同時に画面で確認・・・公開範囲を指定して自身の所在地も通知・・・

明日の発表をお楽しみに」というので、一体どんなことが起こるのかと思っていたけど、記事を見るかぎり、正直よくわからん。

mixiとTwitterが相互補完関係にあるというのは理解できるし、協業メリットもあるだろうなとは思う。しかし、ユーザーメリットがイマイチ明確に見えない。

むしろ、余計なものがくっついてきてシンプルでなくなるのでは?と心配だ。Twitter側のユーザーである自分はそう。きっとmixi側のユーザーもそうなんじゃないだろうか。