2011年11月24日木曜日

NHKがUltra HD(7680x4320)でロンドン・オリンピックを中継。正直、もうフルハイビジョンでお腹いっぱいです。聖なるゴミだね。もはや国営放送は要らぬ。

日本のNHKがロンドンオリンピックをUltra HD(7680×4320)で中継 - Tech Crunch Japan

・・・NHKは、数年を費やし、Ultra HDと呼ばれる技術を開発してきたが、ついに最初の大々的なテストを一般公開で行うことになった。NHKは、来年のロンドンオリンピックの一般放送の一部を、Ultra HDの解像度(7680×4320)で行う予定だ。その番組の配信は、日本だけでなくイギリスと合衆国に対しても行われる。・・・サラウンドサウンドは22.2チャンネルオーディオだ・・・





「ハイビジョンで番組の作り方が変わると思ったが、あまり変わらなかった。今度こそ。」とNHK。

いや、今回も変わらないと思うよ。これ以上いくら解像度が上がったとしても、イノベーションは起こらないと思う。

7680x4320って・・・一体どんなモニターで再生できるの?この解像度を再生するには、新しいテレビを買ってくださいというの?サウンドも22.2チャンネル?一体どうやって家庭で再生できるのさ。

典型的なスペック=イノベーションの考え方だろう。

ハッキリ言ってムダだと思う。Holy crap。聖なるゴミだ。正直、もうフルハイビジョンでお腹いっぱいです。

ムダを無くして料金を下げてくれ。ていうか、まずは電波ヤクザみたいなビジネスモデルを改めるべきだろう。

もはや国営放送は要らぬ。