2011年10月21日金曜日

日本語WebFontsは難しいけど、英語は実用かも | 好みのWeb Fontsが使えるツールを探そう ─ @IT

好みのWeb Fontsが使えるツールを探そう ─ @IT

・・・日本語フォントを提供するサービスは最近増えてきていますが、まだまだ少ない状況です。これはライセンスなどの問題もありますが、フォントファイルのサイズに関する問題も大きな要因の1つ・・・サブセット化・・・Google Web Fontsで提供されるフォントはすべてオープンソースのフォント・・・Google Web Fontsには有償サービスがなく、リクエスト数や利用フォント数の制限はありません・・・

日本語フォントは数メガバイトになるのでそのままでは現実的ではない。

しかし、英語は実用かも。GoogleWebFontsを要チェックだね。日本語サイトでも英語を使う場面は多いから、意外と役立つかも。部分的にも脱ヒラギノ、脱メイリオが可能かも。

Flexとかにも埋め込めるかなぁ。