2011年10月15日土曜日

男としては、ちと虚しくなるね | ミトコンドリア父食べられ消滅 - 日経

日経11.10.14夕
父親のミトコンドリアは食べられて消滅し、遺伝子は次世代には伝わらない・・・群馬大の佐藤健教授と妻の美由紀助教(細胞生物学)が14日、米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。なぜ父親のものが排除されるのかは分からず、佐藤教授は「精子は運動量が多く、受精時にミトコンドリアが傷んでいる可能性がある。これを次世代に受け継ぐと良くないのかもしれない」と・・・ミトコンドリアは、人間や魚類などの生物の細胞内に存在し、細胞の本体とは別の遺伝子を持つ・・・

まぁ、これはミトコンドリアだけの話であって、父親の細胞本体の遺伝子まで受け継がれないということではないようだが。

それにしても、父親のミトコンドリアは生命の自己防御本能のせいで食べられてしまうようで、男としては、ちと虚しくなるね。自己防御本能というのはスゴイね。

しかし、夫婦研究者というのも素敵だなぁ。